面白い動画が撮れました♪

くーちゃんが掛け布団の上でお股おっ広げで熟睡してた時の動画です。





これに音楽をあててみたら・・・・




まるでドラマーみたいじゃありませんか?( ´,_ゝ`)プッ




読んだよ〜の合図にバナーのクリックをお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

驚愕の真実発覚!

昨夜、「メグクアン」の記事を読んだラルさんから、衝撃的な告白を受けました。

「アンディがラル兄に対してそっけなかったって書いてるけど、僕に対してもそっけないよ」

・・・・えーーーっ!?そうなの???
アンディって、ものすごい甘えん坊さんキャラだと思ってたんだけどぉぉ(゚〇゚;)

例えば、私がベッドに座ってスマホをいじったり本を読んだりしてると、それまで離れた場所で寝てたのに
わざわざ起きてきてドサッと倒れ込んでくるんだけど
それがいちいち私の体のどこかしらに触れるような体勢なんです。
私の足の甲を枕にして寝たり、丸めた背中を太ももにペトッとくっつけてきたり、足のすねをアゴ枕にしてきたり。
これが、ほぼ毎日。
朝、「お腹すいた〜」って私を起こす時には、無言で頭のてっぺんを私の顔にぐりぐり擦りつけてきます。
布団に入りたいのに先にくーちゃんが寝てる場合は、「お布団に入りたい〜〜」とキュンスカ鳴いて
メグママを呼びますし。
(くーちゃんが寝てるところを邪魔するとめっちゃ怒られるので、メグママに布団をめくってもらいたい)



アンディは、メグに対しても甘ったれで、よく自分からくっついていきます。
手前の黒い影はくーちゃん。
aa_201511241632212fd.jpg



メグもアンディが甘えてくると嬉しいようで、毛づくろいをしてあげたり、自分の方へ引き寄せたり。
こういうこと、くーちゃんにはあまりしません。



考えてみたら、アンディはよその人に対しても、初めだけワーーッと寄っていって
1度挨拶したら、あとはそっけないかも。
知らなかったー。
昔は人見知りするくーちゃんが「ワンオーナードッグ」だと思っていたけど
今じゃアンディの方がワンオーナードッグになっちゃってます。
(くーちゃんはラル兄だけじゃなく、訓練所のお世話係の先生にもよく懐いています)



アンディが心から甘えられる相手は、世界中でメグママとメグだけなのかな。



そんなことを考えてたら自然と顔がにやけてしまったようで、ラルさんに
「今、優越感を感じてるでしょ!」
と指摘されました。
ハイ、たっぷり感じさせていただきました〜〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ




読んだよ〜の合図にバナーのクリックをお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

ラル兄家でお留守番

オーストラリア旅行ではたくさん写真を撮ってきたので
今後も時々犬ネタを挟みつつ旅行記を書いていこうと思います。
で、今回は犬ネタの方。


今年は旅行に行く機会が多かったので、飼い主不在の間はわんこさん達を
ラルさんのお兄さん・ラル兄(「ラルあに」と読んでください)に預かってもらってました。
みんな賢いのか適応能力が高いのか諦めがいいのか、2回目以降はラル兄家の最寄駅まで連れて行き
ラル兄にリードを引き渡すと、後ろなど振り返らず、サッサと歩いて行ってしまってました。


メグさん、それってどうなのよ?
a3_201511231527175bc.jpg
「だって、そうした方がラル兄が喜ぶでしょ?
 預けられてる間ちゃんと可愛がってもらわないと、コッチにとっては死活問題ですからネ」




くーちゃんは預けられてる間に、一度辛い思いをしたそうね。
aaa_20151203000309454.jpg
「ボクは長男だから、アンディより後にご飯を食べるなんてことは今まで一度もなかったのに
ラル兄家ではご飯を一番最後にされて、ショックで食欲がなくなっちゃったの」



預ける時に、くーちゃんとアンディ同時にご飯をあげると喧嘩するから
別々の部屋に入れるとか隔離してからあげてくださいね(場所の問題)、とラル兄にお願いしたら
単純に「同時にあげなければいい(時間の問題)」と曲解されたようで、まずメグとアンディにご飯をあげ
くーちゃんがそれを食べようとしたら「ダメっ!」と叱って食べさせなかったんだそうです。
で、メグとアンディが食べ終わってからくーちゃんにご飯をあげたところ、くーちゃんがしょげてしまって
全然食べようとしなかったので
「ゴメンね、ごめんね。もう食べてもいいんだよ」とものすご〜〜く一生懸命なぐさめたら
やっとこさっとこ食べてくれたんだとか。

くーちゃんはまず飼い主からほとんど叱られたことがないし
(うちで叱られる割合は、メグ:くー:アンディ=1:2:7 
アンディはたまにアテションをするのと、くーちゃんによく喧嘩を売るため高い)
ご飯やオヤツの順番も、同時はあってもアンディより後になることはないので
家ではありえないような初めての経験に、かなりショックが大きかったみたいです。
でも、くーちゃんは預けられた初日にいきなりそんな辛い経験をしたというのに
その後はラル兄に一番よく懐いていたそうで。



その点、アンディはラル兄に対してそっけなかったみたいね〜。
ラル兄はアンディのことを「美男子だ」って気に入ってくれてたのに。
a1_20151123152714e75.jpg
「だって、やっぱり、ボクのご主人様は世界中でラルさんとメグママしかいないもん」


くぅぅぅ〜 、泣けるね。゚゚(*´Д`*。)°゚。





ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング

     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。

美しき楽園・グレートバリアリーフ

今回は、世界遺産のグレートバリアリーフへ行ってきた時のお話を。
3月2日(月)の夜、タスマニアのデボンポート港をフェリーで出発し、翌朝メルボルンに到着。
国内線でケアンズまで飛び、翌4日グレートバリアリーフへ行ってきました。


この大型のカタマランヨット(双胴船)に乗って出発です。
a1_20151121211526fe3.jpg



前々回の記事でも書いた通り、外洋のアウターリーフへ行く前に
まずはグレートバリアリーフの玄関口とされている「グリーン島」に寄港。
ここの海水浴場では10分くらい頑張って泳いでみたのですが、あまりに何にもないので(やっと魚1匹発見)
海からあがり、日陰に座って飛べない鳥「ナンヨウクイナ」の写真を撮ったり
島内をお散歩してひたすら時間つぶししました。
この島、来る意味あるのかなぁ。
a2_20151121211527cc2.jpg



お昼頃、やっとアウターリーフに到着。
アウターリーフとは、グレートバリアリーフの外側エリアにある、サンゴ礁がたくさん集まった場所のことです。
ケアンズからは47kmも離れてるんですね。
a3_201511212115284b3.jpg



この日は気温34.5℃、海水温27.7℃。寒がりの私が泳ぐには最高の温度^ ^
a4_20151121211530d9e.jpg



カタマランヨットに用意されたお昼ご飯を食べた後は、早速海中へレッツゴー♪
で、これを見て、はいはいはい、これですか。と。
a9_20151121211306271.jpg



このサンゴ礁ね!
d3_2015112121133029b.jpg



この見事なサンゴ礁群が、ここが世界遺産たる所以なんですね。
d9.jpg



グレートバリアリーフのサンゴ礁群は2600km以上も続いてて、宇宙空間からも確認できるんだそうですよ。
d8_2015112121133670e.jpg



沖縄のその辺の海で見られる白いサンゴは、死んで石灰化したものです。
生きてるサンゴは、色とりどりでこんなに美しいんですねぇ。
d2_201511212113097b6.jpg
日本だと、宮古島の八重干瀬(ヤビジ)に国内最大級の生きてるサンゴ礁群があるそうです。
旅行好きの沖縄県民としては、一度行っておくべきかしら。



魚の種類も豊富。
ものすごく人懐っこいナポレオンフィッシュ。
a8_20151121211304427.jpg
ツアーのオプションに水中記念撮影というのがあるのですが、撮影が始まると寄ってくるので
ここのマスコットキャラクターみたいになってるそうです。
忘れましたが、名前も付けてもらってました。



スジブダイ。
この派手さ加減は、きっと♂ですね。
a7_201511212113035b4.jpg


前回の記事では、ミスジリュウキュウスズメダイをご紹介しましたが、こちらはロクセンスズメダイ。
体に5本、尾ビレに2本黒いラインが入ります。
a5_2015112121153177e.jpg



なんじゃこりゃシリーズ。
真ん中の魚の尾ビレ&左の魚ー!
d6_201511212113332b4.jpg



この子、やたらと細長い。
d7_201511212113345ae.jpg




そして、この日一番のなんじゃこりゃはコレ!
e1_20151121211357571.jpg



サメです!!!
e2_201511212113580a9.jpg
発見した時は、そりゃもうビックリしました。
後で日本人ガイドの方に聞いてみたら、アウターリーフにいるサメは穏やかなので、安心してくださいとのことでした。
逆に、サーフポイントにいるサメの方が凶暴で要注意なんだそうです。
この時期だと月に2〜3回見かける程度と言ってたかな?
どうやらラッキーだったみたいです。
もう一つラッキーだったのは、ケアンズ地方は雨季だったのにもかかわらず、雨に降られなかったこと。
お蔭でいい写真が撮れ、いい想い出になりました^ ^


最後に、この話は蛇足かもしれませんが・・・
シュノーケリングをしながら写真を撮るために一生懸命下を向いてたら、ゆらゆら波に揺られ続けたせいで
酔ってゲロっとしちゃいました。
その後、帰りはケアンズの港まで一直線で約2時間半のクルージング。
デッキで風に吹かれてこれ以上酔わないよう目をつぶりながら
「今の体力で限界の旅だったなぁ。グレートバリアリーフ、次はないわ」

実は上の写真は、グロッキーになりながら撮ったメグママ渾身の作品たちなのでした(;´ρ`)





ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング

     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。

想い出は美ら海と共に・・・

水納島2日目は、日の出とともに海さんぽ。
c6_201511201827193a6.jpg



カニさん、おはようさん。
c2_20151120182652da7.jpg
人がいない海岸線沿いをのんびりお散歩して、宿で朝ごはんを食べ、ゆっくり帰り支度。
日帰りせずに島に泊まっていくのもいいものです^ ^




さて、ここからはメグママが水納島の海水浴場内で撮った魚たちの写真をズラリとご紹介。
まずは沖縄の海でよく見かける、ミスジリュウキュウスズメダイ。
d1_20151120182725ad8.jpg



鯛!
なんか美味しそうなんですけどッ。
d3_201511201827411d5.jpg
調べてみたら、沖縄では三大高級魚に入るとか入らないとか言われている、タマン(ハマフエフキ)のようです。



鮮やかな瑠璃色をした熱帯魚、ルリスズメダイ。
d0_201511202040152c1.jpg



この子はミツボシキュウセン。
d7_20151120182745186.jpg



右の子は、たぶん色彩変異したハゲブダイ。
もっと青っぽい感じで色彩変異してる子を沖縄本島中部の「青の洞窟」近くで見たことがあります。
d5_2015112018274465c.jpg

ピントが合ってなくてボツにした写真もあるので、これ以上に色んな種類の魚が泳いでいました。
この写真は全部、沖に出たわけじゃなく、海水浴場内で撮ったものなんですよ。
海水浴場がこの透明度!
沖縄の海って改めてスゴイです〜(o^-^o)



以上、今年の夏の想い出でした⭐︎
c5_20151120182655512.jpg


メグ家が宿泊した宿はこちら→コーラルリーフ・inn・ミンナ
電話で問い合わせた時に、他の宿はしぶしぶ犬OKという雰囲気だったのですが
コーラルリーフさんはアッサリOKだったので、こちらにしました。
犬は室内には入れられませんが
入り口の三和土にクレートを置いてその中に入れてくれればいいとのことでした^ ^






ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング

     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。