スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一枚☆

ある一枚の写真を撮るために、のぼる!
megmeg


のぼる!!
megmeg


「メグママ、ちゃんとついて来てる?」
megmeg


エッサ、ホイサ。
megmeg


ゴールは近いぞ!
megmeg



でもって、高台で3ワン並んで、ハイチーズ。
megmeg



近所の公園では、写真を撮り尽くしたので、今回は階段をのぼらせてみました☆
でも、ネタのためだけじゃないんですよ~。
アンディの脚の状態も、チェックしたかったのです。
以前、アンディの右後脚が「膝蓋骨内方脱臼」であると診断された話を書きましたが
ちょっと腑に落ちなかったので、いつも我が家が頼りにしているブラックジャック先生にも
診てもらいました。

BJ先生は、アンディの歩く後ろ姿をジーッと観察し
「ハイ、これは、レッグぺルテスです」
と即答されました。
そして、左脚の大腿と比べて右のが細い点を指摘。
(触ってみたら、確かに)
「大腿骨頭に栄養がちゃんといってなくて炎症を起こしてるから
痛くて右脚をかばって歩いてます」

膝が外れるのは、右大腿の筋肉が痩せて膝を支えている靭帯が緩んできてるからだそう。
関節を痛めると、上下の関節にも影響が出るというのは、メグママも知識として知っていたので
BJ先生のこの話には、非常に納得。
レッグぺルテスの場合、獣医さんは手術しろと言うけど
今ならまだサプリメントで治せるとの事なので
BJ先生に教えてもらった物を6日前から飲ませるようにしました。
グルコサミンでは治せないって。
安静にさせなくても、痛かったら自分で調節するから
普段通りに遊んだり走ったりさせておけばいいって。
先生の見立てによって、治療方法が180度違う・・・(;^_^A


で、この一枚。
megmeg
見たところ、両大腿共に同じ太さです!
触ってみたら、ほぼ同じ太さになってましたw(゚o゚)w
最近は、脚が痛くて鳴く事もないし、走り方もピョンコピョンコしません。

症状が落ち着いても、サプリメントは必ず3ヵ月間飲ませるようにと言われているので
もちろん、これからも続けていこうと思いますp(^o^)q


※ レッグぺルテスの原因は、色々考えられるけど、アンディの場合は
急激な成長で骨と筋肉のバランスが合わなくなったか
元々栄養を吸収する力が弱いせいか。
アンディには、赤ちゃん時代から他の子より一食多く、1.3倍の量のご飯を食べさせてたのに
ガリガリだったので、栄養を吸収する力が弱いんだろうなぁ・・・。
その場合は、そういう体質の子用のサプリメントをあげてれば良かったそう。
飼い主が無知ゆえ、気づくのが遅くなって申し訳ない(;´Д`A ```





 ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング
     ↑     ↑
いつも応援ありがとうございます。
記事を書く励みになるので
「今日も読んだよ~」の合図に
ポチッ と応援、お願いします☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。