スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードチェンジ☆

3ワンに食べさせるドッグフードを『ビルジャック』にしてから、もう一年くらい経ったでしょうか。
同じ主原料のフードを食べさせ続けてると、アレルギーになりやすいと言いますし
もうそろそろ別のフードに移行させることにしました。

うちの近所にあるペットショップは、ドッグフードにはけっこうこだわりを持ってます。
品揃えは少ないけど、『アカナ』とか『オリジン』とか
ドッグフードに気を遣ってる飼い主さんの間では評判のいい商品が置いてあって
他にも、名前はあまり聞かないけど、メイド・イン・カナダやドイツのプレミアムフードが数点。
「この中で、一番のお勧めはなんですか?」
と聞いてみたところ、 『ベルカンド』 というフードを進められました。

megmeg
 ↑ ドイツ製

人工着色料・人工調味料・人工防腐剤・遺伝子組み換え材料などの使用もないし
動物に適した人間用原材料を使って作った製品なんだそうで、なかなか良さそう(^^)
メグ・くー・アンディに1粒ずつ試食品をあげてみたら、食いつきも良かったので
このメーカーの「ラム&ライス」を買ってみました。
でも、家に帰って原材料をよくよく見直してみたら
植物性タンパク 25%、 動物性タンパク 75%
動物性タンパクのうち、ラム肉は45%、鶏肉が30%ですって!
ビルジャックの主原料が鶏肉だったから、「ラム&ライス」を選んだのに
また鶏肉が入ってる(・・;)
3食中2食あげてる手作りご飯の方で、馬肉や内臓を食べさせてるから、まぁいいかなσ(^_^;)

このフードは、まだ日本での取り扱いが少ないみたいで
いいのか悪いのか、評判がいまいちよく分からないのですが
とりあえず我が家のワンコで試してみます☆


ちなみに、一年近くお世話になった『ビルジャック』ですが、振り返ってみると
長所 → 食いつきバツグン! 袋を開けた時にパンケーキみたいないい匂いがする。
      フードを油でコーティングしてない。
      元々丈夫ではあるが、皮膚のトラブルはナシ。
      このフードが原因でお腹を壊したこともナシ。
      手作り食との相乗効果もあると思うけど
      白髪対策用のサプリメントの使用を止めても、メグの白髪が増えない。
      (栄養の吸収率がいいのかな?)
短所 → フードが小さくて柔らかいため、歯に付きやすく、特に奥歯が汚れやすい。
      個体差があるが、今までのフードの時よりメグの耳垢が増えた。        
      (でも、くーちゃんは耳垢が出ない)
      アメリカ製のせいか、酸化防止剤に「BHA」が使われている。
 
※ BHA → 1954年にアメリカで食品添加物として認可され、 食用油脂、バター、マーガリン
ひまし油などにも広く使用されてきた。
動物実験で発がん性が認められたが、この発がん性はラットの前胃細胞に対する特異的なものという可能性が大きく
ヒトや犬など他の哺乳類への悪影響はないという意見もある、だそうです。
今回フードを選び直すまで、気にも留めてなかった(→o←)ゞ




メグは1歳半くらいまで、週2~3回しか歯磨きをしてなかったのに、歯が綺麗でした。
(1歳半を過ぎた頃から、熱心に歯磨きをし始めた)
だから、パピーの歯は、元々ツルツルだから汚れが付きにくいんだろうなぁ
と思って、くー・アンディの歯磨きはあまり熱心にやってなかったのですが
関東滞在の間に歯のチェックをしてみたら
くーちゃんの奥歯が、信じられないくらい汚くなってました。
くーちゃんは唾液が少ないうえに、顎が小さいせいか
奥歯と頬の内側の間にドッグフードが溜まりやすいようで・・・
この時まで、くーちゃんの口の中がそんな風になってるなんて、全然知りませんでした。


「今度のフードは、粒が大きくて固いから、歯が汚れにくいみたいヨ」
  megmeg


また1ヵ月後くらいに、みんなの様子をレポートします。
その頃には、このフードももっと世間に出回ってるかも☆




 ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング
     ↑     ↑
いつも応援ありがとうございます。
記事を書く励みになるので
「今日も読んだよ~♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします(^o^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。