スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配。。

今日のメグ家地方は、とってもいいお天気でした。
megmeg


メグも気持ち良さそう(^^)
megmeg


くーちゃんの瞳の中に写るワタシ。
megmeg


アンディは、尻尾の先でマルが作れるくらいウッキウキ☆
megmeg



今日のニュースで、福島県からここ沖縄に避難者が続々と来ていると言っていました。
那覇市にある民宿では、被災者向けに一部を無料開放しているそうです。
沖縄タイムス → CLICK
その他、簡易ホテルや県営住宅に関する問い合わせも多いそうです。

福島県といえば…
CH・エリーの店のエリーさん一家!
写真なんか撮って、見た目のんきそうにお散歩しながらも
頭の中では、どうしたらいいのか、何か力になれないかと、考えがグルグル・グルグル。
エリーさんちの武蔵君にそっくりなアンディを見ていると、なおさら…。
megmeg


エリーさんのご自宅は、原発事故による自宅退避勧告が出ている30㎞圏内から
さらに10㎞ほど離れた場所。
◆ ガソリン不足
◆ 現在面倒をみている十数頭のワンコ (イタグレ以外にもお店のワンコがいるので)
◆ ここから動きたくないと主張するおばあちゃん

と問題点がいくつかあり、なかなか身動きが取れないようで、エリーさんも諦め気味。
らるちゃんが埼玉で仕事をする時に使っているマンション(建物の所有者は身内)があるので
「ぜひ、ワンコと一緒にそこに避難してください」
とお伝えしたのですが、どうなることやら…。
とりあえずは、明日供給予定のガソリンをしっかりゲットして頂きたいですp(>_<)q

ニュースでインタビューを受けていたおばあちゃんは
「私はもう先も長くないし、福島から動きたくないって言い張ったんだけど
家族にムリヤリ連れてこられたんです」

とほほ笑みながら話していました。
故郷を離れたくない気持ちはあっても
やっぱり生きて、家族全員で安全な場所にいられる方がいいに決まってます。
自宅退避勧告が40㎞・50㎞と広がって、本格的に身動きが取れなくなる前に
どうにかして安全な場所に逃げていただきたいです…。




 ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング
     ↑     ↑
いつも応援ありがとうございます。
記事を書く励みになるので
「今日も読んだよ~」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。
スポンサーサイト

コメント

No title


何度も心配してお電話頂きありがとうございました。
私達は出来る事ならわんこ達の為にも避難したい気持ちが無い訳ではありません。
でも長男の嫁として82歳の母を残し避難する事は出来ません。泣きたくなります・・・。
らるちゃんに宜しく伝えて下さいね。
本当にありがとうございました。

~エリーさま~

エリーさんの様子からして
もう有無を言わせず、おばあちゃんを引っ張って行っちゃえばいいのに~~!
というのが通らないくらい、難しい状況なんでしょうね。
おばあちゃんが心変わりするような出来事とか言葉とか
なにかいいきっかけがあるといいのですが…。
また夕方にでも連絡入れます(_ _)
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。