ほんまもんのタスマニアンデビル

ここ1〜2年ブログをさぼっていたので、最近のイタグレブログ界についてはよく分からないのですが
私が一生懸命ブログを更新していた頃は、イタグレの黒い子が凶暴化することを
「うちの◯◯ちゃんがタスマニアンデビル化した」
なんて表現したものです。
なので、オーストラリアに行くと決まった時、「タスマニアでほんまもんのタスマニアンデビルを見てみたい」
というのも私の希望の一つでした。



タスマニアには、2月28日(土)から3月2日(月)まで滞在。
3月1日に「ボノロング野生動物園 」へ。
a1_20151118192901c05.jpg
ここでは、飼育員がタスマニアンデビルについて説明してくれるガイドツアーが1日2回開催されているので
11:30の回に間に合うよう、宿泊先のクレイドルマウンテンロッジからレンタカーで2山くらい越えてやってきました!




この子が、タスマニアンデビル。
a11_20151118193117386.jpg
デビルなんて名前がついているから、触るなんてとんでもないような凶暴な動物かと思いきや
コアラ並みの可愛らしさです。
飼育員の方も、「この子たちのことは私の子供だと思って可愛がっています」なんて言っていました。



お客さんたちが「意外とおとなしくて可愛いのね〜」とほのぼのした雰囲気になったところで
飼育員が「こちらに来てください」と誘導したのは、大人のタスマニアンデビルが集団で飼われているエリア。
ここでお食事タイムが始まると、デビルたちの真骨頂発揮です。
a14_201511181931212ae.jpg



タスマニアンデビルは、生きた動物を捕獲して食べるのではなく動物の死肉を食べるんだそうですが
仲間を牽制するために時々悪魔のような声を出しながら
その強靭な歯と頷でバリバリと骨ごと丸ごと動物を食べ尽くします。
a15_201511181931237fc.jpg




ちょっとデビルっぽい?



他にも、デビルという名前の由来には、黒い体に大きな赤い口と赤い耳、白い縞模様が
夜中には悪魔にように見えたからなんて説もあるようです。
a10_20151118193056035.jpg



タスマニアンデビルは、現在タスマニアにしか生息してないのですが
個体数が少なく、あと10年ほどで絶滅してしまう恐れがあるそうです。
たまたまですが、人工繁殖を行ってる最中に遭遇しました。(中央の女性が観てる先)
a4_2015111819290532f.jpg



嫌がる♀をむりやり♂が襲っている場面は、まるで強姦。
♂も♀も傷だらけだし((((;´・ω・`)))
a8_201511181930542a8.jpg



しかし、タスマニアンデビルの種の保存のためには、人間側も心を鬼にして見守るしかないのです。
a7_20151118193052d83.jpg
動画も撮ったのですが、そちらはえげつないので自主規制。
旅友さんも友人みんなに「貴重な記録だからYouTubeにあげれば」と言われたけど、やめておくそうです。



最終的には♀が観念し、ふたりで穴の中へ。
a5_20151118192906349.jpg




うまいこと赤ちゃんが出来るといいな。
a3_20151118192903a66.jpg



以上、タスマニアンデビルレポートでした。
うちの黒い子くーちゃんが凶暴化した時とタスマニアンデビル、どっちが強いかと言ったら
やはり本家本元にはかないませんね(*´~`*)
イタグレは平和な犬種です。




最後はほのぼの写真で〆ときますね⭐︎
a9_20151118193055ed7.jpg




ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング

     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント