毎日反省。矯正は、小さいうちに!!!

去年の秋くらいから、また、わんこの食事をなるべく手作りするようにしています。
メグママの場合は気まぐれなので、今までも手作り熱が冷めたり上がったりで
「何が何でも! 絶対!!!」って感じではなく、「なるべく」なのですが。



食事を作ってる間の3わんの様子については、ブログで何度か紹介してますが
メグはいつも犬用ベッドで待機。
megmeg

おとなしい。



くーちゃんは、いつも鍋のまん前にやってきて
megmeg



最前線で監視。
megmeg

こちらも、おとなしい。



アンディは、いつもここ。
megmeg

でもって、こやつが一番うるさ~い!

「きゅぅぅううん! きゅぃぃいいん!!!」
メグママが食事の入ったお皿を目の前に持ってきてあげるまで、鳴き続けます。
今までに、何度も叱ったり注意してきましたが、直りません。
で、その姿を見てると、毎度毎度子供時代のアンディの姿が頭の中に蘇ってくるのです。



生後2ヵ月の時の、この姿。
megmeg

これは、メグママが食事の準備を始めると、決まってアンディ(幼名;茶太郎)が騒ぎ出し
うるさくて仕方がないという内容の記事に使った写真です。
5匹兄妹のうち、騒いでいたのはこの子だけ。
ちなみに、当時の記事には

いつも狂ったようにジャンプしながら
悲鳴みたいな声を張り上げて騒ぎ続けます…(-。-;)


と書いてありました。



この茶太郎の姿を想い出しながら
大人になるまでには自然に直ると思っていたけど
あぁ、この時に矯正しておかなければいけなかったんだなぁ
と、毎日、後悔&反省しております(;-_-) =3 フゥ 
megmeg
↑ でも、このガッツキぷりを見ると、それほどまでに食事が楽しみだったのね
とも思ったり。





 ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング
     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
もしかしたら、お爺さん犬になっても直らないのかな~。
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。
スポンサーサイト