スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イングランドで最も美しい所」にいたワンコ☆

6月12日(水)、湖水地方。
「イングランドで最も美しい所」と言われているそうで
ロマン派の詩人、ワーズワースがこよなく愛した場所として有名です。

私が大学生の頃、『ワーズワースの庭で』(のちに『ワーズワースの冒険』に改題)
という番組が、フジTVで放映されていました。
MCの坂東八十助さんと、近藤サトさんのナレーションが印象的で
詳しい内容はすっかり忘れましたが、遊び心満載の、上質で粋で大人っぽい雰囲気の番組。
なんだかすごく好きで、金曜日の夜を毎週楽しみにしてました。
それ以来

「ワーズワース」という固有名詞 = カッコイイ♥ 素敵♥♥



その、カッコよくて素敵な「ワーズワース」の庭、モノホン!
megmeg



もちろん、パチリ☆
megmeg
 ↑ 傘が邪魔だなぁ。 
 濡れてもいいから、傘ナシで撮るくらいの根性が欲しかったね、過去の自分!




ワーズワースの家の前に停車中のバスの中から、迷子になった親子羊(?)を見かけました。
megmeg

羊の毛にペンキで着色がしてあるのは
交配が終わった、とか
妊娠中である、とか
いつ産まれた、とか
そういうマークなんだそうです。



地方により、羊の種類も様々。
megmeg

例えば、スコットランドは寒いので、毛が長く体が大きくなるよう、改良されてるそうです。
で、ここ、湖水地方の羊は、肌が黒いのが特徴。
これが、メグママには、めっちゃツボ!



もこもこ服を着せた時のくーちゃんみたいで、可愛いこと、この上ないのだ(*´∇`*)
megmeg

ちなみに、肌が黒い羊は、毛・肉ともに高品質なんだそうです★



湖水地方といえば、ワーズワースと並んでもう一つ有名なのが、「ピーターラビット」です。
こちらは、野ウサギ。
megmeg



確かに、絵にしたくなるくらい、コロコロに丸くて可愛いフォルムです♥
megmeg




お散歩中のウィペットちゃんも、絵になるくらい美しい。
megmeg



megmeg



「わんちゃんの写真を撮ってもいいですか?」
と聞くと、みなさん、「もちろん!」と快諾してくれました。
megmeg



どの子も綺麗にお手入れしてあったので、写真に撮られるのは名誉な事って感じてるのかな~
megmeg



と思っちゃうくらい、飼い主さん達、ニッコニコしながら写真を撮らせてくれました。
megmeg




湖水地方では、ウィンダミア湖の遊覧船にも乗りました。
megmeg
 ↑ 犬連れOK



これは下船時のわんこ。
megmeg

一刻も早く降りたかったようで、気が急いて二足歩行になってます (≧m≦)ぷっ!




この日ゲットした、犬関係のお土産はこちら。
『ワールド・オブ・ビアトリクス・ポター』という、ピーターラビットの博物館で
「Margaret ・ Andrea ・ Cuore」の頭文字を買ってきました♪
megmeg

右端に写っている金色(真鍮)のグレーハウンドの置物は
コッツウォルズ地方のアンティークショップで見つけました。
マントルピース(暖炉の飾枠)に使われていた物だそうです。





 ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング
     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
いつも応援ありがとうございます。
記事を書く励みになるので
「今日も読んだよ~♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。