スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い犬に手を噛まれたワタシ。

GW前半の4月29日、メグママ、エライ目に遭いました。
なんと、くーちゃんに左手人差し指を噛まれてしまったのです。
すぐに流しに向かったのですが、びっくりするほどの大量出血とあまりの痛さに
貧血を起こして座りこみ、おまけに、もうアラフォーと言われる年齢に入ったのに
・・・痛くて泣きましたo(- -;*)ゞ



どんな状況だったのかというと
飼い主が食べたスペアリブの骨をわんこのオヤツとして加工し
(塩分を抜くため何度も茹でこぼした後、圧力鍋で40分加熱)
くーちゃんは食べるのが下手だからねぇと、小さな骨を手に持って食べさせていたのです。


写真なんか撮っちゃって、お気楽なワタシ。
megmeg



この時の自分に「バカ!」と言いたいですね。
megmeg




この後、ベランダにいるメグに目を移し眺める事2秒
で、3秒目に指先を齧られました(>_<)
指先って、人体の中でも痛点が一番密集している、痛みに敏感な場所なんです。
齧られた瞬間
「いたーーーい!!! いたーい!いたーい!」
と、イタグレが悲鳴をあげた時みたいに叫びまくってしまいました。
(イタグレを2年も飼ってれば一度は聞いたことがあるかも?
「ギャイーン!!!ギャイーン!ギャイーン!」というギャン鳴き)



幸い、指骨の先だったのですが、豚骨を食べる気満々状態の子に指を噛まれたので
指先2/3がパックリ。
爪も、上の方は剥がれてます。
らるちゃんはスマホを家に忘れて車で出掛け、いつ帰ってくるのか分からない状況。
なので、出血が止まるまでの30分くらい、ベッドに横になって泣いて過ごしてました。
4時間後、らるちゃん帰宅。
祝日だったので救急外来に行ったのですが、診察まで2時間待ちでした。



~この先、傷口の写真があるので、閲覧注意!!!~




















犬猫に噛まれた場合、菌がいっぱいいる可能性が高いので
基本的には縫わないんだそうです。
でも、パックリ状態なので、なかなか傷がくっつかず、その後何度も出血しました。
で、その度に痛い(。>0<。)


翌日、病院で貼ってもらったテープの貼り替え時。
カラーだとグロいので、白黒にしておきます。
megmeg

あとちょっとで、指先がなくなるところだったYO!



本日5月2日。
菌に感染した様子はナシ。
傷口の肉芽(黒い部分)が盛り上がってきてます。
megmeg



先生からは、このまま放っておいても治ります
と言われたのだけど、表面がデコボコになるかもしれないとの事だったので
縫って下さいとお願いしました。
megmeg

で、肉芽を削って、3針縫いました。
来週の木曜日に抜糸です。




ちなみにくーちゃんですが、メグママの指を噛んだという自覚は全くないようです。
いつもなら、何かやましいことがあると、一目散にらるorメグママのベッドの下に逃げるのですが
この時は、骨を食べ終わった後
流しの前で大騒ぎしながら止血処置をしているメグママの元に来て
「どうしたの?」という顔をしてました。
メグママがベッドで横になってた時は、足元に来て一緒に寝てるし・・・。
まぁ、今回の件は、あんな小さな骨を手に持って食べさせていた自分が100%悪いんであって
くーちゃんは悪くないから、怨むような気持ちはちっとも出てきませんでした。


でもね、1時間後にせっかく食べた骨を吐き出したのを見た時には・・・
・・・なんか複雑な気持ちだったよ・・・( ̄  ̄;)ウーン





※ この事件(事故)の後、犬の十戒の一部
「私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず
あなたを傷つけないと決めていることを」
というフレーズが浮かびました。
犬の歯、恐ろしいです。
でも、人間に対する信頼関係があるから、食事の時にしか使わないんですね~。
信頼関係ってすごい!







  ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング
     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
やっと記事が書けるくらいまで復活したメグママに
「お大事に」ポチをお願います!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。