訴えてる・・・ねぇ。

某日夕方。
カフェテーブルの前でオスワリし、メグママをジッと見つめるアンディ。
megmeg



部屋の中には、香ばしく焼けた肉の香りが充満。
テーブルの上には、カラの食器。
これから、作ったものを盛りつけます。
megmeg
 ↑ 食器を並べて写真撮影のイメトレ中。 撮影では配膳ルールは無視します。



アンディが、テーブルの上をガン見。
megmeg



「あの、だから、まだお皿の中は空っぽですってば。
その目ヂカラと念力は、今のところ無駄遣いだよ」

megmeg
「えっ、そうなの? ボク、ちょっと気が早かった?」




この日の力作メシは、またまた飯島奈美さんレシピから。
ふるまい焼豚&味玉です。
奥にぼんやり写っているのは、白飯・ベトナム風シリシリサラダ・頂き物の台湾土産の烏龍茶。
megmeg

今月は2組お客様が宿泊するので、おもてなしメニューを練習したのでした。
この焼豚がまた、すんごく美味しくって(๑´ڡ`๑)
出場決定です☆




「ところで、メグママ、まだ『ヨシ』って言わないの? 引っ張りすぎじゃない?」
megmeg
「キミのその、絶対もらう!っていう自信はどこから来るのじゃ。 あげる訳ないでしょ~」



前日の豚肉の仕込みから始まり、オーブンで焼いてる間も、大人しくジッと待っていたアンディ。
テーブルに運ばれてきたら、いよいよ自分も食べられるって、本気で思ってたんだろうね。
残念でしたッ(^o^)





 ここをポチっと☆ にほんブログ村
     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
いつも応援ありがとうございます。
記事を書く励みになるので
「今日も読んだよ~」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。
スポンサーサイト