スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一の朝食 bills in Sydney

2月26日(木)、シドニー。
a1_2015120214501121e.jpg
シドニーと聞いて食いしん坊の私が真っ先に思い浮かべるのは、「世界一の朝食 bills(ビルズ)」。
とあるアメリカの雑誌に「世界一の朝食」と書かれたことから、セレブ達の間で人気になり
日本では2008年に神奈川県の七里ガ浜に一号店がオープンし話題になりました。
2008年といえば、ラルさんと私が沖縄に移住し、メグを飼い始めた年。
メグが1歳になるまでは飛行機移動をしたくなかったので、ネットでリコッタパンケーキのレシピを探し出し
家で作ってみたりしてました。
その後2009年の夏に無事「billsデビュー」を果たしたのですが、一緒に行ったラルさんとラル兄が
お店に併設の駐車場代が高いとか、待ってる間も駐車料金が発生するのが不満だとか(けっこう待たされた)
ワンプレートの料金が高いとか、ブツクサとうるさかったため、肝心の味の方はあまり覚えてません「(´へ`;



というわけで、本場の一号店(ダーリングハースト店)で6年越しのリベンジです!
b9_201512021612212f2.jpg



Billsの看板メニュー、メグママが頼んだ「リコッタパンケーキ」。
b8_201512021537301ee.jpg
甘さ控えめで優しい味のふわふわパンケーキ。
私が家で作った時は、近所のスーパーではリコッタの取り扱いをしてなかったので、わざわざ那覇市のデパートまで
買いに行ったのですが、このリコッタ(中沢グループの商品)だと生地に酸味を感じました。
チーズ自体のテクスチャーもボソボソしてたような。
billsのパンケーキには酸味の主張はなく、味にハーモニーを感じます。
やっぱり、本場の食材を使ってる本場の味は違うねぇ、なるほどナルホド。



こちらも看板メニューの「スクランブルエッグ」、ラルさんのプレート。
b4_20151202145224c8e.jpg
写真だとマヨネーズのように見えますが、あの艶やかなひよこ色をしたものが、スクランブルエッグです。
美しいですね〜。
ちょっと味見をさせてもらっただけなので、詳しいことは忘れてしまったのですが
使われてる食材が上質だなぁと思ったことを覚えてます。
写真からも、ほうれん草の上等さが伝わるのではないでしょうか。



ドリンクは、「レモン ライム ビターズ」。
これも美味しかった。
b5_201512021450329b5.jpg
全てに手抜きがなく、とても美味しくいただきました^ ^



さて、このお店に行ったことがきっかけで、とある事についてモヤっとし始めたのですが・・・それは
なんだか値段が高いんじゃないのぉ!??

リコッタパンケーキのプレートが A$20.00(約2,040円、たぶん税込)
スクランブルエッグのプレートが A$20.00(約2,040円)
レモン ライム ビターズ(ホームメイドレモネード)が A$7.00(約714円)

当時のレートは「A$1=約102円」。
もしかして、オーストラリアって物価が高いのかな???
とここで初めて疑問が湧いてきました。
参考までに、ネットで調べてみたら、日本店では現在税抜き価格で
リコッタパンケーキのプレートが1,400円、スクランブルエッグが1,300円、レモネードが680円でした。

のちに現地滞在中の日本人ガイドさんから聞いて合点がいったのですが
オーストラリアは給与所得が高い分、物価も高いんだそうです。
例えば、ケアンズのスーパーのレジ打ちの時給は約3,000円だそう。
東京だと、レジ打ちの時給は900円〜1,000円くらいでしょうか。
沖縄にあるうちの近所のスーパーでは、時給750円〜です。
単純計算で3倍以上の差・・・。

なので、注意点としては、日本で買えるものはお土産として買わない方がいいです。
友人に「Aesop(イソップ)ってオーストラリア生まれなんだよね。お土産に買ってくるね♪」なんて約束したところ
なんと、日本からネットで購入した方が安かったという(゚ー゚;A
海外旅行に行くとこういう失敗がた〜まにあるので、次回からは
欲しい物がある場合、日本での値段をメモした紙をお財布に入れておくようにしないと!と思ってます。

※Aesopとは、オーストラリア・メルボルン発のコスメブランドで
最高品質の植物原料を使ったこだわりのスキンケア、ヘアケア、ボディケア製品を展開しているブランド。
現地では「イソップ」ではなく「エイソップ」と発音します。
そういえば、Amazonもアメリカ人は「アマゾン」ではなく「エイマゾン」と発音してます。
両方とも初めて聞いた時は「???」でした。(笑)






読んだよ〜の合図にバナーのクリックをお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ


スポンサーサイト

ウルル2日目

ウルル入り2日目は、朝焼けに染まりゆくウルルを見るため、真っ暗なうちから近くの駐車場でスタンバイ。
お陰さまで、すばらしく神々しい姿を拝むことができました^ ^
太陽が昇り始めると、どんどん光の当たり方が変わっていき、一瞬目を離しただけでもだいぶ違ってしまいます。
何枚か撮った中で一番いい色合いの写真が、これ。
aa_201511272124308fc.jpg
データを確認してみたら、この写真は2015年2月25日(水)、現地時間で6:34のものでした。



この後は、可能なら登山、ダメなら散策という予定
a2_20151127205041663.jpg



だったのですが、山頂付近に強風が吹いているため登山口が開きませんでした。
ざんねん・・・。
b0_2015112519351319a.jpg
まぁ、1〜2月(夏)は気温の関係でもともとクローズが多い月なので、覚悟はしてました。
さあ、気持ちを切り替えて、散策だ〜。



ここは聖地だけあって、撮影禁止の箇所があったりと、先住民族のアボリジニに対して敬意を払いながらの散策になります。
男性用の集会所や女性用の集会所などは撮影禁止になっていました。
なんとなく遠慮しちゃって、初めの散策道(マラ・ウォーク)では
他にも撮影可能な場所はあったのに、この水が流れた跡の黒い筋しか撮りませんでした。
黒い部分は、苔なんだそうです。
a1_20151127205040e75.jpg




初めの散策道が左(西)の車マーク、この後はバスでウルルに沿って時計回りに進み
下(南・YOU ARE HERE)の車マークへ。
bbb_20151128001002c5d.jpg



こちらは、「クニヤ・ウォーク」。
b3_20151125193516789.jpg



ここでは、アボリジニが残した壁画を見てきました。
b5_201511251935187b3.jpg
上の方にたくさんある「渦巻き◎」は水たまり
真ん中辺りの「C」は座っている人
他に、カンガルーやエミューの足跡なんかも。
アボリジニの絵は、上から見た形を描いているんだそうです。



散策道をさらに奥へ進んでいくと
x1_2015112811155644a.jpg



「ウルルの心臓」と呼ばれている、すばらしく綺麗なハート型の窪みが。
b7_20151125193534d41.jpg
一番上と真ん中で「ラブ&ピース」になってます(*^.^*)v
※本来の「ラブ&ピース」のピースとは意味が違いますが、ネ。



砂漠地帯なのに1年中枯れないという「ムティジュルの水場」。神秘的。
x3_201511281115588ea.jpg



「クニヤ・ウォーク」の「クニヤ」というのは、アボリジニの伝説に登場する蛇のこと。
ウルルの山肌にいくつか走っている線が、蛇のように見えることから生まれた伝説のようです。
本当に蛇っぽく見えますねぇ。
x2_20151128111557ab4.jpg

この後はカルチャーセンターに寄ってから、エアーズロック空港へ。
現在はウルルから車で20分ほど離れた場所に空港があるのですが、昔はウルルのすぐそばにあったんだそうです。
山の近くは気流が乱れやすく、パイロット泣かせの空港だったとか。
なにより、聖地の近くで離発着だなんて、よく考えたらとっても罰当たりな行為ですよね(゚_゚i)タラー

聖地といえば・・・アボリジニの中には観光客がウルルにこぞって登っているのを見て
「荒らさないで!」という気持ちでいる人もいるんだとか。
でも、リース料などの観光収入がアボリジニの貴重な収入源となっているという側面もあるそうで。
私とラルさんは、初めは登山道が開いてるなら登ってみたいなという気持ちでいました。
が、今回マラ・ウォークやクニヤ・ウォークを歩きながら、ウルルとアボリジニについて学んでいくうちに
ここが本当に特別な場所であるということが頭と心で理解できたので、結局は登山をしなくて正解だったなと思いました。
できなくて良かったというか。




それでは、Virgin australiaでシドニーへひとっ飛び!
zzz_20151128123554032.jpg
・・・ウルルとは、まったく天気が違いますね(・・;)





読んだよ〜の合図にバナーのクリックをお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ


世界の中心に行ってみた☆

2015年2月23日(月)、成田19:30発JL771便に搭乗。
翌朝07:15シドニー着。
引き続きJetStarに乗り換え、エアーズロック空港へ!
a1_2015112519345016a.jpg
10年ほど前に流行った『世界の中心で、愛をさけぶ』でお馴染みの、エアーズロック。
メグママも当時この映画を観まして、しっかり泣きまして。
いつか行ってみたいなぁと思っていたので、夢が一つ叶いました。
正式名称は先住民族アボリジニによる呼び名の「ウルル」、世界で2番目に大きな一枚岩です。
※世界最大の一枚岩は西オーストラリア州にあるマウント・オーガスタスですって。



Wikipediaによると、ウルルは「世界の中心」のほかに「大地のヘソ」「地球のヘソ」などと呼ばれているそうです。
位置はオーストラリア大陸のほぼ中心。なるほど!と納得。
Screenshot-5.png



シドニーを発ってから2時間後、エアーズロック空港に到着。
あらかじめ申し込んでおいた日本語の現地ツアーに参加し、まずはウルル=カタ・ジュタ国立公園内を散策しました。
d_201511252112500e5.jpg
この後は、正面に見えているカタ・ジュタ(マウント・オルガ)という岩山群にバスで移動。
カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」という意味だそうです。



こちらがカタ・ジュタ。
草木がほとんど生えてないむき出しの岩山を見ていると
「私は今どこの惑星にいるんだろう」という気持ちになってきます。
d2_20151125212621444.jpg



後ろを振り返ってみても・・・この惑星感、分かってもらえますか?
d1_20151125212217b7f.jpg



惑星植物。
a5_2015112519345414d.jpg
ま、地球も惑星なので、結局は地球という惑星の植物ってことです。(笑)



この土地では貴重な水たまり
d7_20151125224346ff3.jpg



の前で、ラルさんと記念写真。(↓順番待ちしてる間に雲がなくなった)
a7_20151125193512653.jpg
この時期、オーストラリアは夏、おまけにここはステップ気候(乾燥限界と砂漠限界との間の気候)。
肌を保護する長袖や日焼け止め、サングラス、帽子着用が必須となっております。
あとは脱水症予防のための水を1リットル。
水に関してはとてもシビアで、ツアーの出発前に水の確認があり、量が足りない人は買いに行かされてました。
そして、15分に1回は飲むよう指導されます。
時期によっては、ハエ避けのための帽子が必要な場合も。
今回はハエが少なかったのでラルさんと私は被らなかったのですが、生粋のお嬢様育ちである友人は被ってました。



カタ・ジュタ散策の後は、サンセットの時間に合わせてウルルへ移動。
aaa_201511272132372bd.jpg
晴れていれば、7色に変化するウルルが見られるそうなのですが、ちょうど太陽に雲がかかってしまい、普通のウルルでした。
でも、見られただけで感激。
「地球のヘソ」っていうか、「地球のデベソ」ですね(o^-^o) ウフッ






読んだよ〜の合図にバナーのクリックをお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ


美しき楽園・グレートバリアリーフ

今回は、世界遺産のグレートバリアリーフへ行ってきた時のお話を。
3月2日(月)の夜、タスマニアのデボンポート港をフェリーで出発し、翌朝メルボルンに到着。
国内線でケアンズまで飛び、翌4日グレートバリアリーフへ行ってきました。


この大型のカタマランヨット(双胴船)に乗って出発です。
a1_20151121211526fe3.jpg



前々回の記事でも書いた通り、外洋のアウターリーフへ行く前に
まずはグレートバリアリーフの玄関口とされている「グリーン島」に寄港。
ここの海水浴場では10分くらい頑張って泳いでみたのですが、あまりに何にもないので(やっと魚1匹発見)
海からあがり、日陰に座って飛べない鳥「ナンヨウクイナ」の写真を撮ったり
島内をお散歩してひたすら時間つぶししました。
この島、来る意味あるのかなぁ。
a2_20151121211527cc2.jpg



お昼頃、やっとアウターリーフに到着。
アウターリーフとは、グレートバリアリーフの外側エリアにある、サンゴ礁がたくさん集まった場所のことです。
ケアンズからは47kmも離れてるんですね。
a3_201511212115284b3.jpg



この日は気温34.5℃、海水温27.7℃。寒がりの私が泳ぐには最高の温度^ ^
a4_20151121211530d9e.jpg



カタマランヨットに用意されたお昼ご飯を食べた後は、早速海中へレッツゴー♪
で、これを見て、はいはいはい、これですか。と。
a9_20151121211306271.jpg



このサンゴ礁ね!
d3_2015112121133029b.jpg



この見事なサンゴ礁群が、ここが世界遺産たる所以なんですね。
d9.jpg



グレートバリアリーフのサンゴ礁群は2600km以上も続いてて、宇宙空間からも確認できるんだそうですよ。
d8_2015112121133670e.jpg



沖縄のその辺の海で見られる白いサンゴは、死んで石灰化したものです。
生きてるサンゴは、色とりどりでこんなに美しいんですねぇ。
d2_201511212113097b6.jpg
日本だと、宮古島の八重干瀬(ヤビジ)に国内最大級の生きてるサンゴ礁群があるそうです。
旅行好きの沖縄県民としては、一度行っておくべきかしら。



魚の種類も豊富。
ものすごく人懐っこいナポレオンフィッシュ。
a8_20151121211304427.jpg
ツアーのオプションに水中記念撮影というのがあるのですが、撮影が始まると寄ってくるので
ここのマスコットキャラクターみたいになってるそうです。
忘れましたが、名前も付けてもらってました。



スジブダイ。
この派手さ加減は、きっと♂ですね。
a7_201511212113035b4.jpg


前回の記事では、ミスジリュウキュウスズメダイをご紹介しましたが、こちらはロクセンスズメダイ。
体に5本、尾ビレに2本黒いラインが入ります。
a5_2015112121153177e.jpg



なんじゃこりゃシリーズ。
真ん中の魚の尾ビレ&左の魚ー!
d6_201511212113332b4.jpg



この子、やたらと細長い。
d7_201511212113345ae.jpg




そして、この日一番のなんじゃこりゃはコレ!
e1_20151121211357571.jpg



サメです!!!
e2_201511212113580a9.jpg
発見した時は、そりゃもうビックリしました。
後で日本人ガイドの方に聞いてみたら、アウターリーフにいるサメは穏やかなので、安心してくださいとのことでした。
逆に、サーフポイントにいるサメの方が凶暴で要注意なんだそうです。
この時期だと月に2〜3回見かける程度と言ってたかな?
どうやらラッキーだったみたいです。
もう一つラッキーだったのは、ケアンズ地方は雨季だったのにもかかわらず、雨に降られなかったこと。
お蔭でいい写真が撮れ、いい想い出になりました^ ^


最後に、この話は蛇足かもしれませんが・・・
シュノーケリングをしながら写真を撮るために一生懸命下を向いてたら、ゆらゆら波に揺られ続けたせいで
酔ってゲロっとしちゃいました。
その後、帰りはケアンズの港まで一直線で約2時間半のクルージング。
デッキで風に吹かれてこれ以上酔わないよう目をつぶりながら
「今の体力で限界の旅だったなぁ。グレートバリアリーフ、次はないわ」

実は上の写真は、グロッキーになりながら撮ったメグママ渾身の作品たちなのでした(;´ρ`)





ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング

     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。

ほんまもんのタスマニアンデビル

ここ1〜2年ブログをさぼっていたので、最近のイタグレブログ界についてはよく分からないのですが
私が一生懸命ブログを更新していた頃は、イタグレの黒い子が凶暴化することを
「うちの◯◯ちゃんがタスマニアンデビル化した」
なんて表現したものです。
なので、オーストラリアに行くと決まった時、「タスマニアでほんまもんのタスマニアンデビルを見てみたい」
というのも私の希望の一つでした。



タスマニアには、2月28日(土)から3月2日(月)まで滞在。
3月1日に「ボノロング野生動物園 」へ。
a1_20151118192901c05.jpg
ここでは、飼育員がタスマニアンデビルについて説明してくれるガイドツアーが1日2回開催されているので
11:30の回に間に合うよう、宿泊先のクレイドルマウンテンロッジからレンタカーで2山くらい越えてやってきました!




この子が、タスマニアンデビル。
a11_20151118193117386.jpg
デビルなんて名前がついているから、触るなんてとんでもないような凶暴な動物かと思いきや
コアラ並みの可愛らしさです。
飼育員の方も、「この子たちのことは私の子供だと思って可愛がっています」なんて言っていました。



お客さんたちが「意外とおとなしくて可愛いのね〜」とほのぼのした雰囲気になったところで
飼育員が「こちらに来てください」と誘導したのは、大人のタスマニアンデビルが集団で飼われているエリア。
ここでお食事タイムが始まると、デビルたちの真骨頂発揮です。
a14_201511181931212ae.jpg



タスマニアンデビルは、生きた動物を捕獲して食べるのではなく動物の死肉を食べるんだそうですが
仲間を牽制するために時々悪魔のような声を出しながら
その強靭な歯と頷でバリバリと骨ごと丸ごと動物を食べ尽くします。
a15_201511181931237fc.jpg




ちょっとデビルっぽい?



他にも、デビルという名前の由来には、黒い体に大きな赤い口と赤い耳、白い縞模様が
夜中には悪魔にように見えたからなんて説もあるようです。
a10_20151118193056035.jpg



タスマニアンデビルは、現在タスマニアにしか生息してないのですが
個体数が少なく、あと10年ほどで絶滅してしまう恐れがあるそうです。
たまたまですが、人工繁殖を行ってる最中に遭遇しました。(中央の女性が観てる先)
a4_2015111819290532f.jpg



嫌がる♀をむりやり♂が襲っている場面は、まるで強姦。
♂も♀も傷だらけだし((((;´・ω・`)))
a8_201511181930542a8.jpg



しかし、タスマニアンデビルの種の保存のためには、人間側も心を鬼にして見守るしかないのです。
a7_20151118193052d83.jpg
動画も撮ったのですが、そちらはえげつないので自主規制。
旅友さんも友人みんなに「貴重な記録だからYouTubeにあげれば」と言われたけど、やめておくそうです。



最終的には♀が観念し、ふたりで穴の中へ。
a5_20151118192906349.jpg




うまいこと赤ちゃんが出来るといいな。
a3_20151118192903a66.jpg



以上、タスマニアンデビルレポートでした。
うちの黒い子くーちゃんが凶暴化した時とタスマニアンデビル、どっちが強いかと言ったら
やはり本家本元にはかないませんね(*´~`*)
イタグレは平和な犬種です。




最後はほのぼの写真で〆ときますね⭐︎
a9_20151118193055ed7.jpg




ここをポチっと☆ にほんブログ村 ブログランキング

     ↑     ↑
★押してもらえると、ランキングに反映されます★
記事を書く励みになるので
「読んだよ♪」の合図に
ポチッ と応援、お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。